Japan Identity & Cloud Summit
 
Japan Identity & Cloud Summit
 

講師プロフィール

講師のプロフィール情報です。
 
崎村 夏彦
Chairman,OpenID Foundation / 野村総合研究所 上席研究員
sakimuraOpenIDファンデーション理事長、カンターラ・イニシアティブ発起人理事、OASIS Open Reputation Management Systems TCの共同議長、情報処理学会 規格調査会 [ISO/IEC JTC1] SC27/WG 5 小委員会主査などを務める。PAPEやOpenID Artifact Binding, OpenID Connect, JSON Web Token, XRDの共同著者。野村総合研究所 上席研究員。個人の手に個人の情報をコントロールする力を戻す、Power to the Peopleを実現するために、2000年からデジタル・アイデンティティに取り組んでいる。一橋大学経済学部卒、加ウェスタン・オンタリオ大学院経済学修士。
 
Don Thibeau
Executive Director, OpenID Foundation / Chairman, Open Identity Exchange
don2009年よりOpenID FoundationのExecutive Directorを務め、アイデンティティ標準の普及と当財団の運営をリード。また、Open Identity Exchange (OIX) の会長も兼任し、オンラインの取引の信頼を保証する、アイデンティティ・トラストフレームワークの構築に携わる。過去Kodak、TransUnion、LexisNexisなどの企業の経営に携わる。
 
八木 晃二
OpenIDファウンデーション・ジャパン 代表理事
yagi2008年10月1日より、米国OpenID Foundation公認団体、OpenIDファウンデーション・ジャパンの代表理事に就任。デジタルアイデンティティに関するソリューション企画・開発、共通番号、国民ID制度への提言活動を行う。1986年、(株)野村総合研究所入社。ITソリューションコンサルティング部長を経て、NRIの米国現地法人であるNRIパシフィックの社長に就任し、米国の先端技術調査活動を実施する。基盤ソリューション事業本部基盤サービス事業部長を経て、現在、DIソリューション事業部長兼ビジネスインテリジェンス事業部長。
 
John Bradley
Treasurer, OpenID Foundation / Sr. Technical Architect, Ping Identity
john技術からポリシーまでデジタルアイデンティティ業界を幅広く支えるエキスパートの一人。米連邦政府Identity Credential and Access Mangement(ICAM)局が推進するOpen Identity Trust Frameworkのプロファイル策定メンバー。また、Kantara InitiativeのLeadership CouncilやFederation Interoperability Work GroupのChairを務めており、これまで、SAML、OpenID、Information Card、XRIをはじめとした業界標準の策定・普及に貢献。現在はPing Identity社のアーキテクトも務める。
 
Tim Bray
Developer Advocate, Google
timGoogleのディベロッパーアドボケイトとして、AndroidプラットフォームやIdentityなどを担当。ソフトウェア開発者また起業家でもあり、Open Text Corporation(ナスダック:OTEX)の共同設立者。世界で初めてのWebサーチエンジンの作者で、XMLやRSS Atomの共同発明者でもある。著名なブロガー(http://www.tbray.org/ongoing/)で Twitter(@timbray)でも有名。Google以前は、サン・マイクロシステムズ社でJavaを始めとしたWebテクノロジーに関するディレクターを務める。
 
Greg Keegstra
OpenID Foundation Board / Strategic Alliances Director, Janrain
gregOpenIDファウンデーションの理事メンバーとしてコミュニティの活性化に寄与。一方、ソーシャルWeb向けのユーザー管理プラットフォームを提供するスタートアップ企業のJanrainで、アライアンスと事業開発を担当。Janrain以前は、Peersetにて事業開発担当副社長を務め、AOLではディベロッパープログラムに携わる。Verizon、Exodus Communicationsなどで事業開発やマーケティング分野の職務も歴任。
 
James B. Sheire
Senior Advisor, NSTIC, National Institute of Standards and Technology, US Department of Commerce
Sheireオバマ政権のサイバー・セキュリティ構想の中心にある、National Strategy for Trusted Identities in Cyberspace (NSTIC, サイバー空間における信頼可能なIDについての国家戦略) の政府プログラム・オフィスの一員として活動。NSTICのチーフ・エバンジェリストとして戦略的アライアンスを担当し、民間が政府と共にNSTICの実現に向けて協働できるよう、対外プログラムやコミュニケーションに従事。15年以上政策やビジネスの分野において経験があり、過去 Ron Wyden上院議員の政策補佐官や、Philips社の政府渉外担当、NXP Semiconductors社のサイバーセキュリティ専門家を務める。
 
Leif Johansson
Chair, Identity Assurance Board, Kantara Initiative
johansson20年以上学術分野でのITに携わる。現在、IETFでは SCIMおよびABFABワーキング・グループの議長、Kantara Initiativeでは Assurance Reviewの理事を務める。また、スウェーデン国内やEU各国間のID連携プロジェクトにも数多く携わり、NORDUnetやSUNETのシステム・スペシャリストとしても活動。
 
山口 徹
株式会社ディー・エヌ・エー グローバルプラットフォーム統括部プラットフォームシステム部 アーキテクト
yamaguchiMobage オープンプラットフォームの初期から Server API の設計や実装を担当。Japan Perl Association 理事。様々な技術系イベントで PerlやOpenID、OAuth などのウェブテクノロジーの講演多数。「Mobage を支える技術」の共同執筆者。
 
Michael B. Jones
Standards Architect, Microsoft
mikeインターネットに欠けているアイデンティティのレイヤーを構築するために、広く業界をまたがった標準化活動を行う。Microsoftの代表として、Information Card Foundation及びOpenID Foundationの理事を務める。また、OpenID Connect、OAuth 2.0 Bearer Token、PAPE、JASON Web Tokenなどの仕様策定をしてきた。1992年から2005年の間は、Microsoft ResearchにてOSや分散システム、P2P技術など幅広い分野を研究。カーネギーメロン大学にてコンピュータ・サイエンスの博士号を取得。
 
安納順一
日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト
anno主にフィールドSEとして、長年にわたりデジタル・アイデンティティにかかわる案件に携わるとともに、統合認証やID同期、ID連携にかかわるパッケージの企画、開発を担当。2007年にテクノロジーエバンジェリストとしてマイクロソフトに入社後は、主にActive Directoryを中心とするマイクロソフト・テクノロジーによるITインフンフラの最適化手法について、書籍、記事、講演、セミナー等を通じて啓蒙する立場にいる。
 
江川淳一
エクスジェン・ネットワークス株式会社 代表取締役
egawa2000年にエクスジェン・ネットワークス株式会社設立。LDAPサーバをID情報のマスターデーターベースとしたID管理ツール「LDAP Manager」の製造・販売をひたすら行う。またID管理市場の活性化を目的に2011年より「ID&IT Conference」を企画、開催。2012年にはイベント企画運営会社であるノーサレンダー株式会社を設立。
 
谷田智昭
ヤフー株式会社 執行役員 セントラルサービスカンパニー長
tanita2003年1月にヤフーに入社以来、Yahoo! JAPAN ID、Yahoo!ウォレットなどのID決済プラットフォーム事業を担当し、ID決済ソリューションのオープン化に従事。システム統括本部企画部長などを経て、2012年10月より現職。ID決済ソリューション事業のほかにも、カカオトークなどのコミュニケーションサービス、金融サービス等を統括。直近では、サイバーエージェントFXとの提携を手掛ける。
 
小田切耕司
オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社 代表取締役
odagiri数々のオープンソースソフトウエアのコミュニティに関わり、シングルサインオンを実現するOpenAMコンソーシアム 理事 副会長OSSコンソーシアム 理事 副会長などを務める。オープンソースソフトウエアに関わるきっかけとなった統合認証、ファイルサーバーのSambaに関しては1996年頃から関わり日本Sambaユーザー会の設立に寄与した。日本LDAPユーザ会の設立発起人でもあり、シングルサインオンや統合認証をコアビジネスとしたオープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社の代表取締役チーフアーキテクト。